yoake-旧小学校の給食室を改装!小倉トーストのモーニングが絶品のカフェ、夜は世界の料理が楽しめるバル-名古屋

yoake 公式Instagramより

よあけ
yoake
名古屋市西区

名古屋で育ち、20年以上名古屋に住んでいる、当サイト管理者のRiRiと言います。

名古屋のカフェを数多く訪れてきた私が、厳選してご紹介するイチオシのカフェ!

本日ご紹介するのは、カフェレストラン「yoake」というお店。

旧小学校の給食室を改装した、斬新で遊び心満載のカフェ。

モーニングの小倉トーストが絶品です!夜は世界各地の料理が楽しめるバルに大変身。

行く時間帯によって、違う雰囲気を楽しめる、そんなカフェレストラン「yoake」をご紹介。

RiRi

大人の皆さんが訪れれば、小学校の懐かしい記憶がよみがえる!?

スポンサーリンク

どんなお店?

旧小学校の給食室をリノベーションしたカフェレストラン

名古屋市西区、円頓寺商店街の近くに、「那古野小学校」という1909年から続く歴史ある小学校がありました。

残念ながら2017年に閉校してしまいましたが、その建物がリノベーションされ、新しい施設に生まれ変わりました。その施設の名前は「なごのキャンパス」

小学校の教室や建物そのものを利用した、インキュベーション施設です。

施設内はオフィスコワーキングスペースで構成されており、イベントがあれば体育館やミーティングルームに立ち入る事が出来ます。オフィスは既に満床ですが、コワーキングスペースは1日単位のドロップイン(1,650円)で利用することも可能です。

そんな「なごのキャンパス」の1Fに、カフェレストラン『yoake』はあります。

旧那古野小学校の給食室をリノベーションした、どこか懐かしさを感じさせるカフェレストランです。

『yoake』という名前には、「食を通して、世の中に幸せという明かりを灯していきたい」という想いが込められているそうです。

そんな『yoake』は「なごのキャンパス」と同日の、2019年10月28日にオープンしました。

『yoake』を手掛けるのは、名古屋で大人気のおはぎ専門店「OHAGI3」を運営する「株式会社ホリデイズ」。「OHAGI3」でも使用されている、あんこを使った小倉トーストは絶品です!

モーニングから、ランチ、夜はお酒を楽しめるバースタイルで、時間帯によって雰囲気を変え、来る人を飽きさせません。

RiRi

友達とゆっくり話したい時はランチタイム、会社の同僚と飲みたい時は夜!など、目的によって、行く時間帯を変えるといいですね✨

アクセス/外観

お店の場所と最寄り駅

店舗は名古屋市西区、名古屋駅周辺にあります。「名古屋駅」からは徒歩8分程度

名古屋駅から、東へ向かって進みます。那古野交差点を超えた所にあり、大通りに面しているため、すぐに分かります。ライトイエローの壁が目印です。

RiRi

地図で見たときは遠く感じましたが、意外とすぐ着きました!

▼『yoake』の位置情報

駐車場の有無

駐車場はありません。そのため、周辺のコインパーキングを利用する必要があります。

名古屋駅周辺のコインパーキングは料金が少しお高めなので、公共交通機関の利用をお勧めします!

扉は給食室そのもの!ライトイエローの壁がおしゃれな外観

ライトイエローのパステルな壁が可愛らしく、元給食室だとは思えないような外観をしています。

お店外観の至る所に、『yoake』という文字があるため、お店を探して迷子になることはありませんね。

おしゃれな外観ではありますが、入口の前まで行くと、扉は給食室そのもの!懐かしく感じるか方も多いのではないでしょうか?

入り口脇には、給食室で実際に使われていたという、大きな釜がお出迎えしてくれます。

『世界のどこかでは夜が明け、1日が始まります。yoakeは世界を繋ぎ、皆様に世界の味をお届けします。』そんなコンセプトが込められた、「world relay kitchen」というキャッチコピーも素敵ですね!

店内の雰囲気

給食室の名残も!どこか懐かしさを感じさせる空間

店内は給食室をそのまま利用しているため、不思議な間取りです。壁や床はコンクリートで囲まれ、給食室の無機質でクールな部分を残していますが、お店の雰囲気に溶け込んでいます。

そんな店内には木製の机や椅子並び、温かみのある空間を作り上げています。

なんと、机や壁は『yoake』のメンバーさん達で、ペイントしたそうですよ!だから、手作り感のあるアットホームな雰囲気を感じるのですね!

そして、壁の奥には給食を届ける配膳用エレベーターが、そのままお店の中に残されています。リノベーションしているからこそ、楽しめる情景ですね。

お店にはfree Wi-Fiとコンセントがあり、ビジネスパーソンや勉強する学生さん必見です。

メニューは、学校のお馴染みの先生が持っていた「アレ」。出席簿がメニューになっています。遊び心満載ですね!

「朝のリレー」をモチーフにした壁画

カフェ奥の壁には、オーナーさんが描いたという素敵なアートペイントが!こちらは、谷川俊太郎の詩「朝のリレー」をモチーフにした壁画なんだとか。

『yoake』にぴったりのデザインですね✨落ち着いた色合いで、どこか安心感を感じます。

RiRi

アーティスティックで素敵なペイントです。

これを見た時。なにか新しい事が始まるような、そんな感覚に陥りました。

店内にいる客層

私は平日の朝に伺いました。数組お友達同士で来ている方、カップルが数組いらっしゃいました。

ランチタイムになると、お一人で来られる方やお友達同士で来る方、ビジネスパーソンが次々に訪れました。活気ある食堂のような雰囲気に早変わり。

時間帯によって、違った雰囲気も楽しめますね。ゆったりと過ごしたい方は、午前中がお勧めです!

スポンサーリンク

メニューの内容

にっこりマークが可愛い!人気モーニングは小倉トースト

『yoake』ではモーニングを7:30-11:00で提供しています。モーニングは、トーストやおにぎりなど4種類から選ぶことができ、お値段はドリンク代+メニュー代です。

メニューはこちら☟

こちらがドリンクメニューです☟

1番人気なのは、「OHAGI3」のあんこを使った「名古屋名物!小倉トースト」です。私も早速、注文してみました。

あんこの上には、バターを使ったにっこりマーク。さらに、蜂蜜もついています!あんこはしっとりとしたこしあんで、舌触りが滑らか。サクサクふわふわしたパンとよく合います。お好みで蜂蜜をかければ、蜂蜜の甘さがプラスされ、贅沢なに一品に。

RiRi

名古屋名物の本格的な小倉トーストを食べたい方は必見です!

ドリンクには、「抹茶ミルク」を注文しました。

出てきたカップを見てびっくり!ミルクの入れ物は、学校の給食でお馴染みの「牛乳ビン」。さらに、抹茶の入れ物は、理科室でよく使われる「ビーカー」

いや〜、懐かしい!

こんな所に学校の小物を取り入れているなんて、遊び心満載ですね。抹茶を牛乳の中に入れる時も、理科の実験をしているようで、こんなにも楽しい!

小さなお子様と来店して、こうしたメニューを頼んでみると、家族で楽しめそうですね。

同行者は、「たまごサンド」を注文しました。

卵焼きが丸々挟まれており、チーズも入っています。弾力があり、分厚くボリューミー。オーロラソースも、卵・チーズと非常にマッチしています。

RiRi

お仕事、休日の朝一番から元気に活動したい方々におすすめのモーニングです!

定食やキーマカレーが人気のランチメニュー

『yoake』ではランチを11時から14時の間で提供しています。

メニューはこちら☟

中でも「キーマーカレー」は『東海ウォーカー』のカレー特集に紹介された程の品。一皿で34品目が取れる豆のキーマカレーです。豆や挽肉をたっぷり使い、スパイスを効かせているそうです。

yoake 公式Instagramより
RiRi

ボリュームがあるので、ランチをしっかり食べたい方は必見ですね!

更に、名古屋名物「きしめん」を使った、リブーティングメニューもお勧めです。

こちらはランチが終わってからでも、注文することが可能だそうです!

愛知プリン投票で1位に輝いたカスタードプリン

『yoake』ではスイーツの提供もしています。そんなスイーツの一つ、『yoakeカスタードプリン』は愛知プリン投票で1位に輝いたという!さっそく注文してみました。

プリンは固めでとっても濃厚。お皿の下にたまったカスタードとたっぷり絡めて頂きます。ほんのりと甘く、食べやすい。愛知プリン投票で1位に輝いたのも、納得できます!何度も食べたくなる味です。

その他にも、お重スタイルの和パフェわらび餅小倉トーストがあります。

メニューはこちら☟

夜は世界の多国籍料理が楽しめるバルに

私が訪れた9月は緊急事態宣言が発令されていたため、残念ながらバルはお休み。コロナ以前は、世界の郷土料理やビールを提供していました。

イギリスでお馴染みの「コテージパイ」、ドイツの「アサリのビール蒸し」、韓国の「ヤンニョムチキン」、ジャマイカの郷土料理「ジャークチキン」などなど、他にも様々な国の料理が食べられました。

yoake 公式Instagramより

更に、世界各国のお酒も取り揃えており、アメリカの「バドワイザー」、オランダの「ハイネケン」、タイの「シンハービール」、シンガポールの「タイガービール」メキシコの「ソイビール」などなど、種類豊富な品揃えです。

yoake 公式Instagramより

現在、夜の営業はお休みしていますが、コロナが落ち着いたのちは、またパワーアップして戻ってきそうですね。その時を楽しみにしています。

RiRi

バルの時間帯も楽しめる、そんな日を楽しみに待ちたいですね!

店舗情報

ここまで紹介しましたカフェレストラン「yoake」の店舗情報を掲載します。

住所名古屋市西区那古野2-14-1 なごのキャンパス1F
TEL052-526-2288
営業時間7:30〜23:00
(日曜日のみ7:30〜18:00)
定休日なし
席数50席程度
駐車場専用駐車場 無
予算~1,000円
その他free Wi-Fi/コンセントあり
公式HPyoake world relay kitchen (yoake-kitchen.com)
Instagram@yoake_kitchen
※記事内の情報は執筆時点のものです。
営業時間、メニュー等は正確な情報と異なる場合がございますので、最新情報は直接店舗にお問い合わせください。

最後に

いかがでしたでしょうか?

旧小学校の給食室をリノベーションした、カフェレストラン『yoake』。

子供がこのカフェレストランを訪れれば、普段の小学校とは違った雰囲気を楽しめ、大人が訪れれば、懐かしい思い出がよみがえります。

更に、朝、昼、夜と3つの顔を持ち、来る人を飽きさせません

モーニング・ランチのメニューも豊富で、『OHAGI3』のあんこを使った小倉トーストは絶品。

愛知プリン投票で1位に輝いた、「カスタードプリン」も外せません。

現在は、夜のバルは休業していますが、営業再開した際には来店して、世界の料理を楽しみたいですね。

上記に店舗情報を掲載していますので、興味が湧いた方は、ぜひ足を運んでみてくださいね。

おいしい小倉トースト・プリンの提供、写真撮影・ブログ掲載を許可してくださった
「yoake」さんに心より感謝申し上げます。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です